スポンサー契約はお金じゃない、売れることは全てじゃないはNG!?

情熱大陸  福山雅治

マイナースポーツ業界は、すぐにこういった話になる。
「 お金じゃない 」
情熱大陸の福山雅治さんの動画をみてすごく共感した。
この動画の2:24秒あたりから見てください。

好きから始まる、スポーツや音楽は、
仕事と趣味、好きな気持ちが混同する。

趣味として付き合っていきたい人もいれば、
プロとして生きて生きたい人もいる。

「 売れるってどういうことですか? 」

売れない人は、周りに売れていない人が集まってくる。

そして、お金じゃない。

売れるのが全てじゃない。

楽しむことが一番だ。

という話になる。

趣味ならそれでもちろんいいと思う。

でも、プロとして生きて生きたいなら、

考え方の根本を見直していく必要があるかもしれない。

なぜなら考え方で、
結果が決まってしまうから。

スポンサーは、上手い人ではなく、
プロの意識を持った人と組む。

プロのライセンスを持った人と組むわけではない。

福山さんのお話を是非聞いてください。

 

あなたの周りにどんな人が集まっているかを
再度確認しみましょう。

「 類は友を呼ぶ 」

契約金が無い人が集まるグループなら、
稼げないことが常識になり、

契約金が出ているグループにはいれば、
稼ぐことが常識となる。

あなたは今、どちらのグループに属しているか?

ここが大切。

自分で集められないなら、
自らそのグループに入っていけばいい。

私は、19歳の頃から意識的に周りが
契約金が出ているグループに入っていった。

はじめは、
お前は、まだ契約金がでないのか?
「 ダサすぎるな、やめた方がいいよ 」
と先輩に常に言われ続けて悔しい思いもした。

でも、契約金が出ることが常識のグループにいれば、
気がつけば契約金をもらえるレベルになっていた。

英語が全く話せなくても、
アメリカに2・3年住めば英語を話せるようになる。
できるとか、できないではなく誰でも話せるようになる。
生きていくためには必要不可欠な環境だから。

これと同じ。

本気で英語を話したいなら海外に住む。
必要なのは行動力。

本気で契約金をもらうなら、
周りの環境を変え、契約金をもらうことを常識にする。

契約金をもらうことを知っている人にサポートしてもらう。

自分に自信がないからこそ、実力なないからこそ、
環境を周りの人を意識的に選ぶことが大切。

あなたの今いるグループはどちら側でしょう?

Ichigo

 

参照サイト
http://ichigo-branding.com/archives/5413