美容室だから出来るブログの書き方

o0600045012730607740

その1 お客様が綺麗になるための情報を書く

美容室の店舗ブログで必要な情報…それはやっぱりお客さんが綺麗になるための情報です

美容室のブログなのに釣りの話ばかりしていてもしょうがないですし、美容室のブログで見てる人がどういう情報知りたいのかを考えながら発信しなければなりません

どうしても皆さんの仕事の特性上お客さんと会えない時間が2~3ヶ月あります。
既存客向けにブログを書くのであればお客さんと会えない時に伝えたい情報をたくさんプロとして惜しみなく発信してください

 

その2 スキルアップしてるっていうことを伝える

今お客さんは技術がうまい美容師ではなくて勉強熱心な美容師さんを探しています。
皆さんはせっかくお休みの日を使ってまでお客様のために勉強してるのでその情報は惜しみなくブログで発信して下さい!

そうすると講習費が販促費に変換されて集客にもつながってきます

さらに皆さんの価値を高めるために【なぜその勉強に行ったのか?】
その理由を必ず伝えるということ

そうするとわざわざ私たちのために勉強してくれてありがとうございましたとお客様から感謝されるはずです

 

その3 趣味の話を伝えてみる

同じ趣味の人は共感共鳴しやすいので皆さんの趣味に関する話もほどよい分量で発信しましょう

どんなに会話が苦手な人でも自分が好きな趣味のことについては熱く語れます!
プライベートな話をすることでお客さんとの関係性もふかまってくので「仕事のブログなんだからちょっと…」と思わずに皆さんの趣味を伝えてみてください

 

その4 お客様を紹介してみる

美容室はやはり地域ビジネスなので皆さんのお店がある街の地域情報であったり来店されてるお客様が商売されてるのであればその店舗情報を発信しましょう

ただ1つここで注意点がありますそれは自分が本当にいいと思ったものだけを発信すると言う事

義理とか政治で発信してしまうとブログ読者を裏切ることになってしまいます
誠実なブログでないとファンが付かないので必ず
皆さんのフィルターを通して本当にいいと思った情報発信しましょう

 

その5 自社の商品情報を伝える

皆さんの商品はやっぱりヘアデザインなのでちゃんと皆さんが実際に作ったヘアデザインの情報を写真なので発信しましょう

そしてここでも1つアドバイス
投稿するヘアスタイルの写真は斜め後ろや後からつなく正面からの写真にしてみましょう

目が実際に一般女性に聞いてみると美容室のブログに掲載される後からのヘアスタイル写真はあんまり見たくないそうです

それよりもどういうファッションにどういうヘアスタイルどういう雰囲気のお客さんはその美容室に来てるのか、そーゆー情報知りたいのです

ここに美容師が伝えたいことと顧客が知りたいことにズレがあります。
ここを軌道修正するためにもお客様とのツーショット写真(いいお客さんとの仲良しの写真をいっぱい載せること)をお勧めします

そうすると今皆さんの店に来店しているにいいお客様と似た感じの人が集まってきます
要は写真でターゲッティングされるということです

 

この5つのバランスをとりながら書くと美容室のブログとしてはすごくいいブログなると思います
みなさんも是非やってみてください

 

おまけ

写真はたくさんの情報一気に伝えることができる素晴らしいものです。

これからは何を買うかではなく誰から買うかの時代なので、販売者の人柄がすごく伝えやすいのでどんどん写真に自分が登場して発信することをお勧めします

私の知り合いのお店では【ツーショット大作戦!】と称して来店したお客様との楽しいツーショット写真をお互いにどんどんブログやFacebookでアップしてもらっています

そうするとどんなお客様がお店に来ているのかという情報が伝わっていま来店しているお客様と、感じが似ているお客様がブログを見て来店するという現象が実際に起こっています。

大好きな写真で集客できればこんなにいいことってないですよね?